Close

占いの種類

占いの種類

占いは、大まかに分けて、「」「」「」という3つの性質に分類されます。
占い師は相談内容によってその占術を使い分けたり組み合わせたりすることで、答えを導き出していきます。

命(めい))

占い,当たる,口コミ,占い師
命の占いは、生年月日や生まれた時の時間や場所、星の動きなどを見て診断する占術を指します。
姿形とは違い不変的な情報をもとに占うので、生まれ持った性質や思考の傾向、運気のバイオリズムを知ることができます。

四柱推命

年月日と時間を4つの柱に見立て、そこに陰陽五行、干支、通変星などを複合させることで事象を具体的に推察できる精密な占いで、的中率が高いと言われています。
相談者の本質的な才能や運勢の傾向を知ることができたり、性格や好み、適職や他人との相性を知りたい時などに適しています。

占星術

よく見かける「12星座占い」などは西洋占星術を簡略化したもの。本来は天文学からの派生で、太陽、月、惑星、小惑星の天体の位置や配列、そして地上における事件や事象を結びつけて占います。
性格診断や才能、恋愛経験、人生の流れを読むことに長けています。
    その他……動物占い、誕生日占い

卜(ぼく)

占い,当たる,口コミ,占い師
卜の占いは、タイミングや運によって診断する占術を指します。
特定の情報をもとするわけではなく、相談者の行動や、占いをするタイミングなどのすべてに意味があると考え、答えを導いていきます。

タロット占い

タロットと呼ばれる78枚のカードを用いて占われます。
術者によっても様々な方法がありますが、一般的にはカードをシャッフルし、偶然選び出されたカードをもとに状況を読み解いていきます。
近い過去から近い未来への流れを見たり、選択を迫られた時にどちらを選べば良いかの可能性を探ることに長けています。
    その他…… ルーン占い、おみくじ、花占いなど

相(そう)

占い,当たる,口コミ,占い師
相の占いは、人の顔や手、家の配置や名前など、姿形の情報をもとに診断する占術を指します。
不変的情報をもとに占う命と運やタイミングをもとに占う卜の間のような位置づけをしており、現在の状況や今後の運勢などを見る時に用いられます。

人相占い

顔相、骨相、体相など、人体のつくりから性格や生涯の運勢を割り出す占いですが、そのほとんどが顔相のことを指しています。
顔相は顔のつくりはもちろん、表情やメガネの掛け方、化粧の仕方などをもとに占われることがあります。

風水

風水は古代中国で生まれた開運のための環境学です。方位や地脈、陰陽などを考慮し、国家の土地や軍備の配置を決定するために使用されていました。現代では住む家の間取りや家具の配置などで運気を呼び込むために用いられています。

姓名判断

人の姓名からその人の性格や人生の成り行き、適職、恋愛の傾向、結婚運・家庭運、かかりやすい病気などを診断していきます。
様々な流派があるため、すべての流派に共通して吉となる名前は存在しないとも言えますが、広く知られている占いの一つであり、子供の名前や芸能人の芸名などをつける時に多くの人が用いています。
    その他…… 手相など

これとは別に、一部では「霊」という分類もあると考えられており、命、卜、相と併せて霊力を用いて答えを導き出す方法は、多くの占い師が使っています。
他の3つと違って霊という目に見えない力をもとに診断するため、占い師の霊力の強弱によって的中率が変わってくると言われています。